格安で引越しをするために必要なこと

転勤や新築物件の購入など、引越しには様々なパターンがありますが、できるだけ費用はかけたくないものです。実は、工夫次第で料金を節約する事が可能です。ただし、闇雲に工夫しても、空回りになってしまいますので、まずは引越し料金の仕組みを理解することが大切です。その上で、一番コストがかかる部分を洗い出し、必要な工夫を促すことで、引越し業者と価格交渉をスムーズに行うことができますし、結果として安価な料金で契約する事が可能となるのです。また、料金を抑えることは、業者にはとって不利益なことですから、そのことを理解した上で、当方も妥協する、手間をかけることも必要です。全てが万全な条件で、価格だけ抑えることは無理だということを納得した上で、業者と交渉するスタンスが大切なのです。

価格設定の仕組みを知る事が重要である理由

価格設定の仕組みを知ることは、料金交渉を有利に進めるために、とても大切なことです。一般的には、運送距離、車両の大きさ、作業員の人件費で構成されています。ここに、オプションとして、小荷物の梱包料、エアコンやテレビなどの設置料金や不用品回収にかかる費用が加わってきます。この中で、運送距離は燃料費に係る部分ですから、ほとんど節約することはできません。大きく節約できるのは人件費と車両の大きさになります。また、オプションも嵩むと大きな金額になりますが、エアコンの設置など、専門的な知識が必要なものや不用品回収など個人で対応が難しいものは、業者に依頼すべきです。反対に、小荷物の梱包やテレビの設置は努力次第で節約できるものですから。自分で対応するべきなのです。

格安価格を引き出すために必要なこと

価格設定の肝である、人件費と車両の大きさについてですが、ほとんどの業者では引越しが集中するする週末は強気な価格設定を行なっていますので、料金交渉にも応じてくれない場合がほとんどです。反対に、月曜日から木曜日までの平日は、業務が少ないため、料金表の金額に関わらず価格交渉に応じてくれる場合が多いのです。つまり、予め業者の都合に合わせることを前提に交渉を進めるとスムーズです。また、できる限り荷物を少なくすれば運送車両も小さくなり、派遣するスタッフも少数となりますので、価格交渉がしやすくなります。したがって、不用品回収を併せて行なっている業者であれば、別に業者を依頼するよりは、格安で処分してくれますので、使わないものはできる限り処分する事で、運送車両も小型になるので格安価格となるのです。